バズインターナショナルキッズカートスクール

Copyright 2013 Buzz International Co.Ltd All Rights Reserved

キッズカートスクールの他、イベントの運営からビジネスマッチングまで、モータースポーツを通して世界に挑戦する人材を育成します。

Kenichi Hasegawa
■元レーシングドライバー
■ATEAM Buzz Racing Kart Team 代表
■中部キッズカート協会会長

中学2年生の時にF1ドライバー、故アイルトン・セナに憧れ、レーシングドライバーを目指す。
新聞配達を2年間行い、16歳、高校に上がると同時にレーシングカートを始める。
デビュー戦で優勝。その後3年間のカート参戦を経てフォーミュラレースにステップアップ。
工事現場とコンビニのアルバイトを掛け持ち、レースを続ける。

結果に伴い、スポンサー活動も開始し、12年間レーシングドライバーとして活躍。
29歳で現役引退後、建築士2級を取得し、住宅営業、不動産営業のサラリーマンになる。

2006年にBuzz Internationalを創業し、モータースポーツ業界にカムバック。
子供たちのレーシングスクールを開校し後進の育成にあたる。

2012年に中国を中心に行われるアジアンフォーミュラルノー(AFR)シリーズにチーム監督としてチームを請負い、
新チーム設立参戦1年目にして、チームをシリーズチャンピオンに導く。

2013年より、ATEAM Buzz Racing Kart Teamを設立。全日本カート選手権に参戦。
2014年全日本カート選手権FS-125クラスチャンピオン獲得。

Buzz Internationalは、私が1988年から始めたレーシングカート活動から、2000年に4輪フォーミュラレースの現役ドライバーを退いた後、その経験を生かし「一人でも多くの子供達にモータースポーツの楽しさ、素晴らしさ、感動を伝えたい!」「世界に通用するグローバル選手、人材の育成を!」という理念をもとに、2006年に創業し、2009年に法人化致しました。

レーシングチームを中心に、子供達のレーシングカート教室、ライセンス発給、お稽古スクール等を開講し、後進の育成、モータースポーツの普及に全力を注いでおります。
創業から現在に至るまで、モーターレーシングに関する様々なことに挑戦してきました。
時代は今、レーシングカーのごとく、物凄いスピードで変化しています。
この業界も年々、変化が必要とされています。

弊社は、この凄まじいスピードで変化していくこの時代に合わせついて行くのではなく、時代の変化を、業界を創る創造者、変革者であり、業界を変える、風雲児でありたいと思います。

これから進むべく道は、順風満帆ではなく、茨の道かもしれません・・・。
が、しかし!そんな時代のレースを、同じ想い、志、情熱を持った仲間たちと一緒に挑戦し続け、道を切り開き、そして感動を分かち合える、そんな企業を目指します。

日本に留まらず世界を見据え、そしてこれからも「情熱と挑戦」を基軸に、子供達、若者たちを世界のレースシーンに送り込むこと、そして多くの皆様にモータースポーツの楽しさ、感動と素晴らしさを発信すること。

そして、我々の関わる多くの皆様に感謝し、たくさんのワクワクをご提供してまいります。

Buzz International株式会社 代表取締役
ATEAM motorsport. 代表
長谷川 謙一